fSvjXcAa9J3OA
Home > . 釜山の街角今昔 > . 釜山府本町 > 二丁目

釜山領事館

釜山領事館

釜山は龍頭山の麓から広がっていきました。

釜山の開港(1876)と同時に管理官がおかれ初代の
近藤眞鋤が赴任しました。
管理庁は 釜山の日本人居留地の中心になる
領事館になり、 釜山で最初(1879)の洋風建築です。

朝鮮統監府ができることで理事廳に
名称がかわりました。

右が警察所で左が 釜山居留民団役所です。

後ろに龍頭山の松林が見えます。
初代釜山府廳

明治17年5/7改築、同10/3完成

統監府ができると領事館は理事廳に改称
理事廳は併合後に釜山府廳になる。

釜山府廳も手狭になったこの場所を離れ
海岸沿いに新庁舎を作り移転しました。

(写真:佐賀県立名護屋城博物館所蔵)
初代釜山府廳階段

100年余の歴史と風月の跡を感じさせないで
階段は今も現役で釜山市民に利用されています。

釜山近代歴史館でボランティアをされている
方に案内してもらいました。

石組みの階段だけは当時のままの変わらないで
残っています。

この階段の両脇あった警察と民団役所の
面影はまったくありません。 
初代釜山府廳跡地

階段を上った突き当りです。

釜山府廳のあった場所は住宅とレストランです。

龍頭山公園の釜山タワーの周りの松林に吹く
風だけは当時と変わらず涼しげに石の階段の上を
抜けていきます。


Home . 釜山旅行の基本情報 . 人物 . 歴史 . 乗り物 . 交通史 . 名所・旧跡 . 釜山の街角風景
. 釜山の街角今昔 . 街角今昔2 . 食べた物 . 昔の生活と文化 . 釜山近代史年表 . 近代史年号