fSvjXcAa9J3OA
Home > 交通史 > 鉄道 > 駅
Home > 釜山の街角今昔 > 釜山府大倉町 > 4丁目
Home > 釜山の街角風景 > 釜山広域市中区 > 中央洞 > 4街

釜山停車場
釜山貿易会館

 
釜山停車場

明治38年 京城から釜山の草梁まで京釜線が繋がり
明治39年 京釜鐵道は国有化され 統監府鐵道管理
に移管されました。

明治41年 草梁から市街地まで線路が繋がり、駅舎が
完成、 釜山停車場が開業しました。

この画像は完成したばかりの姿です。

釜山停車場の設計は国会議事堂や日本銀行など
明治時代の名建築を 数多く手がけた[辰野金吾]が
精魂をこめて作ったもので 京城駅よりも大きく
当時 日本最大の駅舎でした。

駅前に並んだ人力車が明治を感じさてくれます。

佐賀県立名護屋城博物館所蔵
佐賀県立名護屋城博物館所蔵 釜山停車場の周辺を撮った絵葉書です。

釜山停車場と関釜連絡船の着く第一埠頭があって
第二埠頭が工事中で未完成なので大正時代だと
いうことが分かります。

釜山は当時の大阪や神戸より大きな港湾設備でした。
インフラの整備に力を注いだのです。

駅の横に釜山停車場旅館(駅ホテル)が
出来ているので 大正元年以後です。

釜山公会堂が出来ていないので昭和3年
以前だということが分かります。

佐賀県立名護屋城博物館所蔵
佐賀県立名護屋城博物館所蔵 駅ホテルの側に 釜山公会堂があるので
昭和3年以後です。

駅前で路面電車の線路が単線でカーブしています。
ですから昭和9年以前の撮影です。

釜山駅

昭和9年に牧島を結ぶ大橋と新しい幹線道路が
できたので線路が直線で複線になります。

この写真は昭和2桁の時代です。

戦前に中学生で修学旅行で釜山駅を見学した
蔚山の方に話を聞いた事があります。

北京行きや奉天行きの国際列車の看板を
見た時、釜山が世界に繋がっていることを
実感し、感動したことは 今でも鮮明に
覚えていると話してくれました。
釜山駅跡

釜山港国際ターミナル入口の門の側から
撮りました。

真ん中の黒い建物(釜山貿易会館)が昔 
釜山駅の在ったところです。

1953年11月27日の釜山駅前一帯が大火事
付近が壊滅した時 釜山駅も全焼しました。
近代歴史を語る名建築も姿を消しました。

上の写真の全体の様子を動画で撮りました。

(2009/09撮影)


Home . 釜山旅行の基本情報 . 人物 . 歴史 . 乗り物 . 交通史 . 名所・旧跡 . 釜山の街角風景
. 釜山の街角今昔 . 街角今昔2 . 食べた物 . 昔の生活と文化 . 戦前の絵葉書  . 釜山近代史年表
. 近代史年号一覧