fSvjXcAa9J3OA
Home > 昔の生活と文化 > 青い目の人形

ミス朝鮮 1

 (Miss Chosen)
ミス朝鮮

この人形の名前は「ミス朝鮮」

アメリカ東海岸、コネチカット州(Connecticut CT)の
中央部にあるハートフォード (Hartford) 市の西側に
ある「Children's Museum」(子供博物館) に所蔵され
ています。

何故 日本の市松人形が「ミス朝鮮」の名前になって
米国にいると思いますか?

昭和2年(1927)に日米友好のために両国が人形を
使節として交換した歴史に答があります。

米国人宣教師シドニー.L.ギューリック氏が日米親善の
ために 全米から寄付で集まった人形を日本に 送る
運動をはじめました。

集まった1万数千体の人形は それぞれに名前があり
パスポートを持ち友好使節として日本に送られました。

日本では青い目の人形の歓迎式典が行われ、新聞
各社はそれぞれに歓迎の歌を懸賞募集して出迎え
ニュースを伝えました。

日本に到着した青い目の人形達は全国各地の学校に
送られて 学校単位でも歓迎式典がありました。


ミス朝鮮

写真は「ミス朝鮮」のパスポート表紙
クリックで拡大します

アメリカは友好のシンボルなので人形のお礼は
いらないと言いました。日本側はそれでは
すまないとして渋沢栄一氏を中心にした返礼人形
運動が始まりました。

米国に習い人形用のパスポートが特別に
作られ 正式な渡航VIASのサインもあります。
ミス朝鮮

写真は「ミス朝鮮」のパスポート内容
クリックで拡大します

返礼人形は 1道3府43県・6大都市と樺太、台湾
朝鮮、関東州の外地に皇室御下賜の1体を加えて
58体を代表とし、茶器や日傘などの小道具類を
つけて送る事になりました。

パスポートに表示された
名前は「Miss Chosen」
本籍欄に「 Chosen Japan」

現在の韓国は明治43年の日韓併合により
独立するまで日本の外地で朝鮮地方でした。  
ミス朝鮮

「ミス朝鮮」のファーストクラス乗船券
クリックで拡大します

「ミス朝鮮」は日米友好使節の朝鮮地方 代表
として昭和2年(1927)年11月1日に 横浜港から
米国の サンフランシスコまでの船旅に出発しま
した。

人形達は各州を回って展示された後、美術館や
博物館に送られる事になっていました。
「ミス朝鮮」と「ミス神戸」は北米大陸を横断 して
東部にあるコネチカット州に到着しました。

そこで「ミス神戸」と分かれ、「ミス朝鮮」は コネチカット子供博物館に落ち着きました。

日米の友好を推進する人たちの努力のかいもなく 昭和16年 日米は戦争になりました。
返礼の日本人形は展示場から撤去され、倉庫の奥にしまわれたり、売却されたりで
忘れ去られてしまいました。
戦後の日米友好の流れの中であちこちで隠れていた人形達が出てきました。

米国に送られたら58体の人形の中で44体は見つかり、残り14体はまだ行方が確認
されていないようです。 40番目に出てきたのが「ミス朝鮮」です。
共にコネチカット州までいっしょの旅だった「ミス神戸」はまだ見つかっていません。

次回は「ミス朝鮮」発見の経緯


画像は米国コネチカット州にお住まいのゴードンご夫妻からの提供です。
Friendship Dolls Their "mission of friendship" continues
Home . 釜山旅行の基本情報 . 人物 . 歴史 . 乗り物 . 交通史 . 名所・旧跡 . 釜山の街角風景
. 釜山の街角今昔 . 街角今昔2 . 食べた物 . 昔の生活と文化 . 戦前の絵葉書  . 釜山近代史年表
. 近代史年号一覧