fSvjXcAa9J3OA
Home > 釜山の街角今昔 > 中区寶水洞
Home > 釜山の街角風景 > 釜山広域市中区 > 寶水洞

黒橋の跡(寶水橋)

  
黒橋の跡

多くの自動車が走る普通の道路ですが・・・
この道は1986年ごろまでは寶水洞と大新洞を
分ける寶水川が流れていました。

向こう側が中区寶水洞で後ろが西区大新洞です。
川をコンクリートで蓋をして道路にしたのです。

横断歩道付の右側の幹線道路を繋ぐ「寶水橋」がありました。
黒橋の跡

上の写真を拡大しました。
黒橋の追憶碑が道の分離帯にあるのが分かります。

対岸は中区です。中区が橋の記念碑を残す
方針である事がわかります。例:富民橋の跡
黒橋の跡

黒橋追憶碑によると最初は丸太の橋がかかって
いたようで、
木造の橋なので腐りにくいように黒く塗装が
してあったようです。

日本統治時代には「寶水橋」という名称で
大きな橋が架かっていました。
終戦(1945年)までは寶水橋が存在していました。

碑文よると「黒橋」は1987年に撤去されたようです。
(クリックすると大きくなり読みやすくなります。)

1980年後半から寶水川にコンクリートでフタをして道路にする工事がはじまり 寶水川に架かっていた橋はすべて撤去されました。

地図に記された寶水橋(宝水橋)をご覧ください。

ここに「寶水橋」があった事と「黒橋」の関係がわかりません

関係を予測すると下記の可能性を推測できます。

1.戦後寶水橋を黒く塗って黒橋と名前を替えた?
2.戦後寶水橋を撤去し 黒橋を新たに架けた。?
3.寶水橋のとなりに歩行者用黒橋をつくった?
4.寶水橋を架ける前に 黒橋があり、撤去年の誤記?
5.・・・その他

ご存知の方 ご指導ください。

1987年に撤去された橋は「黒橋」?「寶水橋」? どれでしょう?
大正5年の地図

戦後の釜山の様子は記録が少ないので わからないことが多いですが・・・
幹線道路なので1987年に木造の黒橋があった可能性は少ないと考えています。

釜山市は富平洞5岐路交差点から寶水洞の黒橋跡石碑を経由して東大新洞交差点までを
黒橋路と命名し、3つの町の住所表示で黒橋路を使っています。

(2007/02撮影)


Home . 釜山旅行の基本情報 . 人物 . 歴史 . 乗り物 . 交通史 . 名所・旧跡 . 釜山の街角風景
. 釜山の街角今昔 . 街角今昔2 . 食べた物 . 昔の生活と文化 . 釜山近代史年表 . 近代史年号一覧