fSvjXcAa9J3OA
朝鮮物産共進会.1 
朝鮮物産共進会

朝鮮物産共進会は日韓併合からの施政5周年
記念行事として、寺内朝鮮総督の政治が朝鮮
大韓帝国より国民の発展になったことを示す
ために開かれました。

この絵葉書は京城協賛會が作った記念絵葉書です。
1.肖像(寺内総督、山縣共進会事務総長、吉原
 協賛會長)
2.農商工(共進会場図入)
3.金鵄(南大門図入)

朝鮮総督府の主催で大正4年(1915)9月11日
から10月31日までの会期で 景福宮の敷地で
開かれました。


朝鮮物産共進会は単に産物の展示会ではなく
日本統治が朝鮮王朝より発展していることを
民衆にアピールする目的があったのです。

この図は大韓帝国末期の宮殿の全体図です。

ここが中心で 東に倍の敷地の昌慶宮、南に
離宮の徳寿宮がありました。

日本統治時代に朝鮮総督府主催の博覧会は2回
開かれました。
朝鮮物産共進会

緑で共進会会場の敷地を示しました。

中央の観政殿と後方の一部を除いて政治用の
建物は撤去され居住部分のみ残りました。

朝鮮各地の物産を陳列し、モデルになる優秀な
生産者を表彰して、生産意欲の高まりを期待して
多くの企業や団体が参加しました。

共進会の跡地に建てられたのが朝鮮総督府の
庁舎と 付属設備です。

政治が変わったことを示すシンボルとして大理石を
使った洋風の庁舎がそびえたのです。

当時の新聞記事でも共進会の詳細を見ることができます。
朝鮮記念共進会


Home . 歴史 . 交通史 . 昔の生活と文化 . 共進会・博覧会