fSvjXcAa9J3OA
Home > 看板

映画と日本語

映画と日本語

映画「ブラザーフッド」の撮影された場所が
陜川(hapchong)にあり そこは撮影につかった
建物や機材が残されているテーマパークに
なっています。

そこの紹介は 映画撮影現場映画展示会
別に作ってあります。ご覧下さい

今回は 日本語がある様子だけを
ピックアップしてみました。

「ぜいたくは敵だ」
「パーマネントはやめませう」
映画と日本語

朝鮮戦争の映画でソウルと平壌の市街戦の撮影で
使われたのとなっていますが・・・
思わぬ所に日本語があって戸惑いますがw
興味深いものです。

朝鮮戦争は1950年ですから 戦前、戦時中の
日本語が多少残っている可能性はありますが
看板や横断幕は無かったと思います。

敗戦の日本人の一斉帰国でそのまま残った家が
数10万戸は あったのですから

(2004/07撮影)
映画と日本語

日本家屋は戦後もそのまま残っていたのが
多かったのは事実ですが看板は違うようなw

映画撮影用のハリボテなので目くじら立てる
ことはできませんw。

(2004/07撮影)
映画と日本語

壁に貼ってあるポスターの拡大です。

戦前の映画ポスターが古くなって残っている様子を
雰囲気として作ったものと思われます。

(2004/07撮影)
映画と日本語

落書きの再現だと思われます。

「鬼畜米英」は右から左に書くと
戦前の雰囲気がでたように思えます。

映画はDVDで何度も見ていますが 
この場面は ありません。

(2004/07撮影)


Home . 釜山旅行の基本情報 . 人物 . 歴史 . 乗り物 . 交通史 . 名所・旧跡 . 釜山の街角風景
. 釜山の街角今昔 . 街角今昔2 . 食べた物 . 昔の生活と文化 . 戦前の絵葉書 . 近代史年号一覧